【Jenkins】ファイルの更新をトリガにする

特定のファイルを監視して、そいつが更新されたらお仕事を始めるようにしたい事が稀によくある。最初は自力で監視スクリプト組んで定期的にJenkinsからそいつを呼んでいたのだが、どうもしっくりこなくて探してみたら世の中には車輪がたくさん転がっていたというオチ。俺が使ってみたのは「FSTrigger Plugin」。こいつでファイルの更新を監視してみよう。


使い方はとても簡単で、プラグイン入れたあとのジョブ設定で、「ビルド・トリガ」に「Monitor files」を追加して、監視対象のファイルを入力してやるのと、「Schedule」に監視間隔をぶちこんでやるだけ。どうやら、複数ファイルの監視もいけるっぽい。
 

設定した監視間隔ごとにポーリングログが出てくるので、そいつを見ればジョブが動いたかどうかを確認できる。英文だらけでゲロ吐きそうになるが、最後の一文に「変更が見つかったからビルドをスケジュールしたよ!」と書いてあるのでそこだけ把握できていればいいよね。うにゃー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)